群馬県富岡市野上の『EKO(エコ)ちゃん菜園』は
減農薬、減化学肥料栽培の玉ねぎ、ニンジン、旬のお野菜を食卓へ直送します。

効果バツグン!

箱詰め初日

梅雨の晴れ間で 日差したっぷり

なのにもかかわらず 日除けを掛けたことでハウスの中は まぁ涼しいこと

今まで 何で掛けなかったんかね

あっちい中 やってたいね、我慢比べみたいだったね

風もあったんで 秘密兵器の稼働もなかったな

ふふ、もう一つあるんだよ

今日は 写真撮ってくるわ

そんな感じで 箱詰め、順調に行きそうよ

そして 午後は また実家へ行って じゃがいも掘り

まっね 我が家の分も作ってもらってるから ちょいとお手伝い

にしても なんでこんなに作ってんのよ

毎年毎年 叔母達が ごっそり持ってく、ってモンク言いながら やってるわよ

なんだかんだ言って 作ってあげたいんじゃんね

実家の畑にいると まぁ面白いよ

前日の玉ねぎ収穫の時もそう

ハネダシを持ちに来た 近所の方

ほら、お茶だよってワタクシには ビール!

どんなイメージやねん

そんで 母親と 会話にならない会話をしてる

お互いに 好き勝手言ってて 話しが絡まないのよ

昨日もそう

ワタクシが子供の頃を知ってるオジサンが寄ってきた

しばし 母親と話しをしてから ちょいと離れたとこにいたワタクシに デカい声で「よくやるなぁ」

とりあえず 頷いたジェスチャーだけしたのね

そしたら母親に「あれはセガレか?」だって

なんでもいいですケド

帰りがけに軽トラの「ラジオが点きっぱなしだけど いーんか⁉」

点いてても 別にモンダイはないと思うんだけどなぁ

そしたら 母親は 良く聞こえなかったらしく

「ナスの天ぷらがどうした?」

……。

あと20年経つと こんな会話をするようになるのかしら、イヤだわぁ

そして夜

玉ねぎ休みで 2ヶ月ぶりにバレーの練習に行ってみた

これから しばらくは行く!かな?

でもね、なんかね 気乗りがしないのよ

唯一の ワタクシが出場資格のあるシニアの大会が 今年から廃止

いそじは 51歳になる年度じゃないと出場資格が得られないのよぉ

まだ若くて出られない??

もう50歳になるってえのに あと一年間はなんも無い

いつも球拾いで練習試合でも使ってもらえない

夕方まで働いて 大慌てで夕飯作って行ってもさ

膝も腰も痛いしさ

こんなんで やってく気持ちがね

モチベーション上がらないんですわ

日曜日、いそじの大会でね

またしても不甲斐ない結果で(いつもだけど) みんなは また奮起してたケド

ワタクシ的には

いーじゃん 勝っても負けても試合が出来るんだから

次は頑張るって目標も持てるじゃん

来年 ようやっと資格があるようになっても

みんな また一つ歳取るんだよ

30、40代前半なら 一つくらいどうってことないけどさ

メンバーの中心は60代に近付いてくのよ

そんなことを ブツブツ…

今朝は ひどい筋肉痛かと思いきや

全然へーきだゎ

さてと 雨降りの今朝は 畑に行けないんかなぁ

いよいよ ズッキーニも採れなくなってきたなぁ